読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康習慣

「爪もみ」、今日も暇さえあればやっていました。

 

駅から自宅や職場まで歩いてるときにずっと揉みながら歩いてました。

 

バイト中はなかなか両手が空かないので難しいですが、隙があればやっています。

 

そして同じく昨日からやっているのが、「自分の名前を唱える」。

 

これを一心不乱にやるといいらしいです。

 

やってみて思ったのが、わりといいです、これ。

 

最初自分の名前を唱えたときわりと嫌な気分になって。

 

どれだけ自分にネガティブなイメージを持っているのかと。

 

正直、自分の名前って特に好きではないです。

 

でも、唱えているうちになんだか感謝のような気持がわいてきました。

 

自分の親に対する感謝と、自分の体に対する感謝です。

 

僕は本当に、自分の体にたいしてどれだけネガティブなイメージを抱いているのか。。

 

もっとも、それが高じて手術まで受けるくらいです。

 

相当なのは間違いないです。

 

事実、自分の体、ルックスで好きなところが一つもないです。

 

背が低いし、頭が大きいし、顔もよくない。。

 

体も痩せているし貧弱です。

 

おまけに内臓もよくないという。

 

だけど、僕を生かしてくれているのも、この体に他ならないわけですよね。

 

自分は蛇蝎のごとく嫌っていても、体の方は毎日頑張ってくれている。。

 

そういった考えが浮かんできて、感謝の気持ちが出てきました。

 

自分が嫌っているのも、あくまで形状の話です。

 

確かに正規品の規格からはやや外れていますが、だからって村八分に合うわけでもない。

 

女性には全然受けないでしょうが。

 

そのことを呪ったこともありました。

 

でも、それも含めて自分に与えられたものです。

 

嫌ならきょうにでも人生終わらせましょうかと言われたら、当然生きている方がいいです。

 

もう少し自分の体をいたわっていきたいです。

 

これまで精神的にも手術ででも、自分の体を罵っていじめて申し訳ない気持ちです。