読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイト

いま入っている案件でめっさ苦手なリーダーがいます。

 

上司ってほどの立場のひとではないんですが。

 

あまりに手酷くやられすぎて、最近ではその人に仕事の報告にいくだけで声が震えています笑

 

僕はその職場では年期がかなり長い方で、化石レベルのベテランです。

 

いつのまにか。

 

もっともずっとその職場にいたわけではなく何度か出戻りしているんです。

 

で、ほかの職場でもわりと場数を踏んできたつもりでいました。

 

大抵のパワハラ、矯正には耐えられるようになったつもりでいました。

 

ですがこの体たらくです。

 

その人自体とは以前から顔は知っている程度で、お互い歴は長いんですが、今回初めて同じ案件になっています。

 

まさかこれほど徹底的にこき下ろされるとは思っていませんでした笑

 

もうかなりおどおどびくびくしています。

 

ベテランなのになさけない、とは思わないわけではないですが、この反応自体はいつものことなんです。

 

自分の反応ですね。

 

僕はパワハラ系の上司には大抵徹底的にやられてしまいます。

 

最終的には険悪にならなかったりするのが不思議ではありますが。

 

不思議というより自分が決して反発しないように心掛けているからなんだと思っていますが。

 

失礼なことだけはしていない「つもり」です。

 

ただその人とはそうなれるかは謎です。

 

まずここまで理不尽(と自分には思える)扱いを受けているのは初めてだからです。

 

もっとも、仕事がぬるいのは確かです。

 

抜けも多いですし。

 

ベテランのくせに、と言われてしまえば返す言葉はありません。

 

自分より目上の人にやられるんでしたらまだいいんですが、まあそれもいやですが。

 

自分より新しい人で、正直あまり尊敬できない人からこき下ろされるというのもまた違った辛さがあるんだなと。

 

今回新たに学びました。

 

出戻り前の前職がわりと最後の方平和だったこともあって、久々の娑婆の空気といった感じです。

 

ああ、いつもこんな扱い受けてたなと思い出しているところです。

 

輪廻のように同じことを何度も繰り返しています。

 

35歳ですし、いい加減卒業したいところですが、三つ子の魂なんとやらともいいます。

 

人間、場数を踏んだと思っていても、変わらないものなのかもしれません。

 

でも、どこかで、この傾向性を断ち切らないと、自分の人生、後悔しそうな気がしています。

 

35歳、もう全然若くない年です。

 

どこかで自分の為に生きる人生に変えないと、このまま誰かの咬ませ犬になるだけで終わりなんて、周りにとって都合がよすぎる人生です。

 

当然、周囲は僕に変わる必要はないというと思います。

 

その方が相手にとっては都合がいいでしょうから。

 

僕のあらゆるリソースを、他人の為に優先して使っているわけですからね。

 

でもそれを続けていたら、どんどん自分が貧相になっていきます。

 

最近それを感じています。

 

分かち合い、とか、愛、とかありますが、それとはまた別の話だと思うんです。

 

結局、自分の望まないことを自分に強いること、それって立派な「虐待」じゃないですか?

 

なぜ自分に対する虐待をこんなに簡単に許しているのか。

 

エゴイスティックな意味とも少し違う意味で、「自分を大切にする」ことをしていきたいです。