読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相談

なぜか一番頼りにしたい人、すべきな人、付き合いが長くて自分のことをある程度わかってくれてる人にほど、一番相談したいことを伝えられません。

 

きょうもいま自分が死ぬほど内心煩悶している体のことについて一番自分の体を普段見てくれている人に言えませんでした。

 

正確には経過を言えなかったというか。

 

自分の正直な気持ちを打ち明けられなかったというか。

 

それをしてしまうと相手も何かしらこちらが隠しているような感じは受けてしまい、少しよそよそしくなる。

 

そして距離が開いてしまう。。

 

このままだとおれは誰にも顧みられることなく一生を終わっていくのではないか。

 

自分が体調が悪くても、お金がなくても、恐怖で叫びだしそうになっていても。

 

SOSが出せない。

 

どうしても出せない。

 

周りはおれのことを放置でOKな人だと思うのでしょう。

 

そうして後回しにされて、死んでいくんだと思います。

 

自分を優先できるのって、自分しかいない。

 

それなのに、僕にはそれが出来ない。

 

列に横入りされても声も上げられないような。

 

例えるとそんな感じです。

 

自分で自分を後回しにするから、周りからもそのように扱われる。

 

あ、この人は要求しないんだな、じゃあ後でいいんだなと見なされる。

 

だから周り云々ではなく、自分に対する自分の扱い。

 

それが原因、元凶。

 

それは痛いほどわかってる。

 

なのにできない、変われない。

 

35年間そうしてきたからね。

 

あくまで自分のリソースを他人に与えることで、ここにいる許可を貰うという方法論が染み付きすぎて。

 

もう自分の人生長くないかもしれないって、

 

わりと切実に感じる今だからものすごく焦るのに、それでも人前に出てしまうと変われない、同じことしてしまう。。

 

自分の人生生きられない。

 

他人に明け渡してしまう。

 

相手のメリットにしかならないおれの人生に何の意味がある?

 

噛ませ犬の存在価値ならこの先生きる必要もない。